トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

最新京大式の炭水化物を食べながらダイエット1(世界一受けたい授業)

      2017/05/01


7/25放送のクリームシチューがMCを務める「世界一受けたい授業」では、「炭水化物を食べながら痩せる!?最新京大式ダイエット!」が紹介された。

今流行の炭水化物抜きダイエットを危険であるとし、長期的に死亡リスクが上昇する実験結果も公表し、完全否定されたことを、世の中の女性には知っていただきたい。

巷では糖質制限を明言するライザップが大人気ですが、森谷教授の意見とは真逆という事になりますね。

 

スポンサーリンク




講師の森谷教授ってどんな人?

今回、講師として登場したのが、京都大学大学院人間・環境学研究科の森谷 敏夫(もりたにとしお) 教授だ。

moritani(出典:京都大学HPより)

森谷教授1950年生まれの65歳。毎日8kmのジョギングを日課とし、体脂肪10%の鍛え上げた肉体と、その明るいキャラクターで、京都大学の授業はいつも女子生徒で満席とのこと。生活習慣病を予防するための運動の必要性を説き、有酸素運動の実践を奨励している。

森谷教授は、過去にもテレビやメディアへの出演も多く、炭水化物抜きダイエットである糖質制限ダイエット」は危険であると真っ向から否定しており、「炭水化物を食べながら健康的に痩せる」方法を推奨している。

 

糖質制限ダイエットは禁物

森谷教授は、ここ数年さまざまなメディアで最も痩せると話題の炭水化物を摂らない「糖質カット」タイプのダイエットは禁物と強く発信をしている。なぜなら、糖質は脳に栄養を与えることのできる唯一の成分であり、また、炭水化物を減らして体重が落ちた、というのは単純に水分がカラダの外に出ただけの話であり、脂肪が減って減量できたわけではない、というのだ。

本日の番組では、水分が身体から抜けるだけの炭水化物抜きダイエットは、まさに、「水の泡」 とうまいことを言われていた。

運動をせずに食事制限で行うダイエットは、筋肉もやせ細らせてしまう。体重は落ちるが、隠れ肥満も増やしてしまう。科学的には、筋肉が減ると脳と身体が「省エネモード」となり、基礎代謝が低下してしまうのだ。具体的には、1kg筋肉が減ると基礎代謝は約80kcal減ると言われている。

基礎代謝とは、人間が生きていくうえで最低限必要なエネルギーのこと。呼吸や心臓の動きなどがそれに当たり、生きているだけで消費するカロリー。当然、その量が多いほうが、余分なエネルギーや内臓脂肪をカラダに溜めずに健康的に生活ができるため、適切な運動を行うことによって、基礎代謝をあげることを教授は推奨している。

 

お米でお腹と脳を満たし、おかずを減らせ

ダイエットをする上で、意識しなくてはいけないことは、

「空腹状態から食事をする場合に、急激に血糖値をあげないようにすること」だ。

知っている人も多いと思うが、血糖値が急激に上がると、血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌される。インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすくなる。

食事の際には、糖質を含むお米やフルーツなどを先に食べて、血糖値をじっくりと上昇させることで、脳が満足して満腹感が得られ、食べすぎを防ぐべき、というのが教授の主張だ。

理想的なバランスとしては、炭水化物6 たんぱく質2 脂質など残り であるとのこと。

「ハンバーグやステーキといった脂質は取りすぎると、運動によって糖をエネルギーに変えようとする働きが阻害されることもわかっており、脂質過多の食生活にはいいことありません。脂質はおまけ程度に」と森谷教授はいう。

 

本気でダイエットしたい方へ

海外トレンド・セレブ系女性誌「GLITTER」などの雑誌にも取り上げられているカロリナ酵素プラスという、3種の特許成分配合のダイエットサプリメントが注目されている。

夏に向けて今のうちからスタイルアップを目指したい方はぜひチェックしてみて欲しい。初回は4500円→990円で購入できる点もおススメ。

↓からアクセスください。

日本人に肥満が増えた理由を「運動不足」と断言

厚生労働省が発表している、国民健康・栄養調査結果によると、現代人の一日の平均摂取カロリーは1920kcal程度とのこと。実はこれは、戦後間もない1946年の摂取カロリーとほとんど変わらない。※1946年は1903kcal

高度経済成長期の1975年には、日本人は豊かになり摂取カロリーも2226kcalも摂取していたという。

そして、毎日約300kcalも多く摂取していた1975年より、現代の日本人の方が肥満傾向にある理由を、教授は「運動不足」が原因だと断言している。

では、運動不足をどのように解消するのか?

運動不足解消のキーワードは『ニート』だ。続きはこちらから(その2)

死亡リスクの上昇の程度や、炭水化物で太らない理由の実験結果はこちらから(その3)

 - 健康

  








  関連記事

【サタプラ】幕の内食べダイエットで健康的に痩せる方法。北星クリニック。

9月23日放送の「サタデープラス」 全国でも珍しい肥満治療を行う「北星クリニック …

ダイエットDVD。TRF・格闘技UFC-FIT・巻くだけ・SEXY SIZE(ウワサの食卓)

11月17日(火)放送の「発見!ウワサの食卓」では、今巷で大ブームとなっている「 …

【たけしの家庭の医学】エクオールで便秘・美肌・更年期・骨粗しょう症・ダイエット

6月6日(火)放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」。 …

【たけしの家庭の医学】アカモク(ギバサ)ダイエット。内臓脂肪を減らす海藻通販

9月26日(火)放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」 運動しなくとも食べ …

デング熱の予防方法。蚊が好む色・血液型・二酸化炭素(ゲンキの時間)

地球温暖化に伴い、日本全国の気温が上昇傾向にある。 このまま行くと、2100年に …

【サタプラ】1日5分の小顔マッサージでほうれい線やシワ改善

9月9日放送のサタデープラス。 いつの間にか秋になりましたが、夏の強い紫外線を受 …

【ゲンキの時間】毛細血管力を高めて老化予防。ニッキの摂取やグーパー体操が効果的

10月23日放送の「ゲンキの時間」 皆さん気になる「老化」の原因が「毛細血管」に …

【世界一受けたい授業】そばパスタと豆腐スムージーのダイエットレシピ

11月18日放送の「世界一受けたい授業」 ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コ …

山田朱織枕研究所の快眠枕で快適な春の睡眠を|シューイチ

3月20日(日)放送の「シューイチ」。 1日の3分の1を占める睡眠を快適に過ごす …

アーモンドオイルでキューティクルを保護して髪の毛の広がりを抑える方法|この差って何ですか

6月19日(日)放送の「この差って何ですか?」 梅雨は特に髪の毛が広がりやすく、 …