トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

【世界一受けたい授業】ダニ退治は乾燥機熱→掃除機が最適

      2017/04/30


4月29日(土)放送の世界一受けたい授業のテーマはダニの撃退方法

夏になる前の4月・5月のこの時期にダニ退治をしておかないと、夏に大変なことになってしまうということはご存知でしたでしょうか?ダニの撃退方法をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク




ダニはどれくらい夏に増えるの?

ダニは洗濯をしても、天日干しをしても死なず、さらにその増殖能力も凄まじく以下のようなスピードで夏に向けて増殖するのだそうです。

5月:30匹
6月:800匹
7月:4000匹
8月:10000匹

この時期増えやすいヒョウヒダニは1日6個の糞をするので、1ヶ月間トータルではダニの糞もものすごい数になるのです。

5月:5400個
6月:14万4000個
7月:72万個
8月:180万個

恐ろしすぎる糞の数ですね。。。

家の中でダニが多い場所

特に触れ合う機会の多い場所にダニは集まりやすいので注意下さい。

3位 ソファ
2位 カーペット
1位 布団や枕などの寝具

触れる時間が長いということは、ダニの糞や死骸を吸い込みやすく、アトピーなどのアレルギー症状を発症しやすくなってしまいますので注意です。

特に枕には、後頭部から多く分泌されるパルミチン酸が付着しますが、ダニはパルミチン酸が好物でそこに多く集まるので、枕はダニの宝庫になってしまうのです。

同様の理由で、子供が良く触れるぬいぐるみにもダニはたくさん住んでいますので、子供のためにもしっかり撃退してあげましょう。

間違ったダニの撃退方法

番組で実証されましたが、次の方法でダニは死なないことが明確になりました。

①洗濯する
②天日干し

さらに布団たたきなどで、たたくとダニが拡散するので叩かないようにしましょう。

正しいダニの撃退方法

ダニは熱に弱く、温度が60度を超えると死滅することが分かっています。そのため、最も効果的なダニの撃退方法は、

①乾燥機にかけて熱でダニをすべて退治する
②掃除機でダニの死骸を取る
※掃除機をかける時には、上下・左右にかけることで死骸をきっちり吸い取ることができます。

布団の上で掃除機をかける時には、ストッキングを掃除機に被せれば、うまく吸い取ることができます。

ダニが急増するまえに試してみましょう。

乾燥機→掃除機は面倒だという方には

布団や枕を洗濯して乾燥機にかけて掃除機まで対応するのは結構大変ですよね。ソファーは乾燥機にかけるわけにはいかないし。

そこでおすすめなのが、利用者満足度94%のシートを置くだけタイプの新しいダニ対策「ダニピタ君」。数千匹タイプでダニが確保でき、置くだけで簡単&子供にも安心と言う点が人気の理由です。


ダニを退治して快適な生活を送りましょう。

 - お得情報・雑学, 健康

  








  関連記事

正しい家の選び方。ぶっちゃけランキング 9位~7位

本日、5/2放送のぶっちゃけランキングでは、正しい家の選び方について特集された。 …

奇跡の村「長野県下條村」の村営住宅が魅力的過ぎる|世界一受けたい授業

本日10月10日放送の「世界一受けたい授業」。 元経済産業省の官僚で、慶応大学の …

【ゲンキの時間】ひざ痛の原因と予防法。ボールコロコロからひざ軟骨の再生医療まで

10月30日放送の「健康カプセル。ゲンキの時間」 多くの人が悩まされているひざ痛 …

【有吉弘行のダレトク】小顔テープはかづきれいこ東京サロン。

10月24日(火)放送の有吉弘行のダレトク 小顔バスツアーとして、話題の小顔にな …

【アスミール】楽天よりも効果的な購入方法。小倉優子さんの4歳の子供も愛飲

ヘアメイクアーティストの菊地勲氏との離婚騒動で最近TVに良く登場するタレントの小 …

【世界一受けたい授業】のぶみ先生の読み聞かせしたい絵本ランキング

5月27日放送の世界一受けたい授業。 ベストセラーの「ママがおばけになっちゃった …

VOCEベストコスメ2017下半期。ファンデーションが最優秀賞

11月17日(金)深夜放送の「Beautv VOCE」にて、美容界のアカデミー賞 …

耳かきはしなくて良い!むしろしない方が良いと耳鼻科医が語る|フルタチさん

1月15日放送の「フルタチさん」 間違いだらけの健康情報として、「耳かき」の間違 …

【林先生の初耳学】カニの殻のチキンナノファイバーで大地震対策ができるという事実

2月7日(日)放送の「林先生の初耳学」。 最近、台湾でも大地震があったが、関東で …

結腸がん(大腸がん)予防には「くるみ」が効果あり。ハーバード大が発表

  写真のような殻つきのくるみを見る機会はあまりないかもしれない。 さ …