トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

【サタプラ】1日8000歩20分が長寿の秘訣!1日1万歩以上歩くと早死にや貧血に!?

   


11月12日放送の「サタデープラス」

歩き方と健康について特集され、歩きグセでその人の将来の健康リスクが分かるという放送内容とともに、日本人が健康のために取り組むウォーキングに潜むリスクが紹介された。

その内容が衝撃的な事実であったのでご紹介しておきたい。私の両親にも伝えなければ。

 

スポンサーリンク




1日1万歩以上歩くと早死にする!?

日本のウォーキング人口は3630万人とも言われ、3人に1人が健康のために実践している。

東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利医学博士は「歩けば歩くほど健康に良いは間違い」と警鐘を鳴らす。

青柳先生は群馬県の中之条町という小さな町で、65歳以上の5000人の町民に対して15年間に渡りウォーキングと生活調査をコツコツと実施。その結果、健康に良い歩き方をデータから導き出した。それは中之条の奇跡と呼ばれ、世界から絶賛されたのだという。

 

歩きすぎてはいけない理由

人は足踏みするたびに、足の裏の血管を通る赤血球であるヘモグロビンを破壊している。実際、よく走るマラソンランナーはその分ヘモグロビンを破壊しているため、貧血で悩む人が多い野も事実だ。

普段から血管は、血液に含まれるさまざまな成分により傷つけられているため、身体は血管を修復させようとする。しかし、歳をとると修復する機能が弱くなり、さらには動脈硬化にもつながりやすくなってしまう。

歩きすぎることで血管をさらに傷つけてしまうというのです。その歩きすぎの目安が1万歩以上であるとのこと。

 

1日8000歩&早歩き20分が長寿の黄金比

この表を見れば一目瞭然。

1日の歩数がどんな病気の改善や予防につながるのかを示した表だ。

2000歩で寝たきり、4000歩でうつ病の改善に効果がある、という見方になるが、1日8000歩で様々な病気の改善・予防につながり、健康生活にはベストな選択なのだ。

 

歩くことで足の裏のヘモグロビンを破壊している、ということは知りませんでした。何事もほどほどが良いのかもしれませんね。

 - 健康

  








  関連記事

【マツコの知らない世界】ほぐし家電の世界。目元ケア・マッサージャー・セレブリフト・おしりリフレ

6月7日(火)放送の「マツコの知らない世界」 これまで300種類以上の癒し家電を …

二重あごをなくす方法。解消グッズ「PAO」と舌体操・小顔注射をご紹介|この差って何ですか

5月29日(日)放送の「この差って何ですか」 女性を中心に多くの方が気にするフェ …

【腸活】食べても太らない。便秘解消5つの方法/ヨーグルトなど(金スマ)

本日9月4日放送の金スマでは、 腸のカリスマこと、順天堂大学の小林 弘幸 先生が …

一重まぶたと二重まぶたの差?二重体操で一重を二重にする方法|この差って何ですか

6月19日(日)放送の「この差って何ですか?」 一重まぶたの人と二重まぶたの人の …

ヨーグルト、納豆、フルーツを食べるのは朝?夜?シャンプーは?(ソレダメ調べ)

テレビ東京の「今すぐ役立つ新常識スペシャル、ソレダメ!」という番組で、普段正しい …

腸内環境を整えて便秘改善。食物繊維の選び方1(ゲンキの時間)

夏は、夏バテで食欲がなくなったり、ビールの飲みすぎでお腹を壊しやすい。 私も大体 …

【世界一受けたい授業】リポポリサッカライド(LPS)で免疫細胞マクロファージを高め糖尿病・骨粗しょう症・花粉症対策

4月2日放送の「世界一受けたい授業」。 以前、一度放送され大反響であった「リポポ …

アンガーマネジメント。1秒で怒りを鎮める魔法の言葉|ゲンキの時間

11月27日放送の「健康カプセル ゲンキの時間」 「~心筋梗塞のリスクが5倍!? …

【ゲンキの時間】便活・腸活で松本明子さん40年来の便秘解消。ダイエット効果大

1月22日放送の健康「カプセル。ゲンキの時間」 女性を中心に多くの方が悩まされて …

ソレダメ!認知症予防トレーニングと認知症チェック方法「ス・マ・ヌ」

10月26日放送のテレビ東京「ソレダメ!~あなたの常識は非常識~」 榎本内科クリ …