トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

古舘伊知郎氏の報道ステーション最後のメッセージ(コメント全文) 3/31

   


3月31日(木)放送の「報道ステーション」

12年間キャスターを務めた古舘伊知郎氏が番組の最後に熱いメッセージを全国へ届けた。カンペも何もなく、約7分30秒にもわたる想いを語った彼の表情は、一生懸命にやりつくした人間がこれ以上はもう何も出来ないというときに醸し出すような雰囲気を漂わせていた。

12年間、一度も風邪を引くこともなく、無遅刻無欠勤で番組を全うした古舘氏が語った7分30秒のメッセージには、テレビの視聴者であるわれわれも意識するべき事柄が多く、きっとこのメッセージ全文を読んでいただければ、あなたにも気づきがあるのではないでしょうか?

敢えて省略せずに、全文を掲載したいと思う。これだけ真剣に仕事に取り組む姿勢から学ぶことは非常に多いだろう。

スポンサーリンク




古舘伊知郎氏の最後のメッセージ(全文)

私が大変気に入っているセットも今日が最後。04年4月にこの報道ステーションという番組が産声を上げました。それから12年の歳月があっという間に流れました。なんとか私のテレビ局の古巣である、学びあである、テレビ朝日に貢献できればという思いも強くあって、このタイミングで引き受けさせていただきました。おかげをもちましてみなさん、風邪など一つひくこともなく、無遅刻無欠勤で12年やらせていただきました。これもひとえに、テレビの前で今ご覧になっている皆様の支えあってのものだなと、本当に痛感をしています。ありがとうございました。

私は毎日毎日この12年間、毎日毎日テレビ局に送られてくる皆様方からの感想、電話、メールなどをまとめたものをずーっと読ませていただきました。それはお褒めの言葉に喜び、そして、徹底的な罵倒に傷ついたこともありました(笑)でも、全部ひっくるめて、ありがたいなと思っております。というのも、ふとあるとき気づくんですね。いろんなことを言ってくるけれども、考えてみたら私もこの電波という好機を使って善かれかしとはいえ、いろんなことをしゃべらせていただいている。絶対どっかで誰かが傷ついているんですよね。それは因果が巡って自分がまた傷つけられて当然だと、だんだん素直に思えるようになりました。こういう風にいえるようになったのも、皆さん方に育てていただいたんだなと強く思います。

そして、私がこんなに元気なのに何で辞めるかと決意をしたかを簡単にお話しするとすれば、そもそも私が12年前に、どんな報道番組をやりたかったのか、ということにつながるんです。それは実は言葉にすると簡単なんです。

もっともっと普段着で、もっともっとネクタイなどせず、言葉遣いも普段着で、普通の司法言葉ではなく、ふつーの言葉でざっくばらんなニュース番組を作りたいと真剣に思ってきたんです。
ところが現実はそんなに皆さん甘くありませんでした。

例えばですね、
「いわゆる事実上の解散宣言と見られています」
「いわゆる」が付く、「事実上」を付けなきゃいけない、「見られている」という風にいわなくてはいけない。これは、どうしたって必要な事なんです。やっぱりテレビ局としても、放送する側としても、誰かを傷つけちゃいけないということで、二重、三重の言葉の損害保険を付けなくてはいけないんですね。l

そして、裁判でも、
「自白の任意性が焦点となっています。」
「任意性」、普段そういう言葉は使わないですよね?本当にそういう風に語ったのか、それとも強制されたのか?で良いわけです。

例えばですね、これから今夜の夕食だという時に
「今日の夕食は、これは接待ですか?任意ですか?」
とは言わないわけです。

だけどもそういうことをガチッと固めてニュースはやらなくてはいけない。そういう中で、しょーじき申しますと、窮屈になってきました。もうちょっと私は自分なりの言葉、しゃべりで皆さんを楽しませたい、というわがままな欲求が募ってまいりました。

12年苦労してやらせていただいたというささやかな自負もありましたので、テレビ朝日にお願いをして退かせてくださいということを言いました。これが真相であります。

ですから世間、巷の一部で、何らかのプレッシャー圧力が私にかかって、私がやめさせられるとかやめるとか、そういうことでは一切ございません。ですから、そういう意味では、私のこういうしゃべりや、番組を支持してくださった方にとっては、私が急にやめるということは裏切りにもつながります。本当にお許しください。申し訳ありません。私のわがままです。

ただ、この頃はあけっぴろげに昔よりも色んな発言ができなりつつある空気は私も感じています。とってもいい話を聞きました。この番組のコメンテーターの政治学者の中島先生がこういう言葉を教えてくださいました。空気を読むという特性が人間にはある。だからこそ半面で水を差すという言動や行為が必要になる。私はそのとおりだと感銘をいたしました。

(語気荒く)
ツルンツルンの無難な言葉で固めた番組などちっとも面白くありません!人間がやってるんです。人間は少なからず偏っています。だから情熱を持って番組をやっていれば、多少は番組は偏るんです。しかし、全体的に程よいバランスに仕上げ直せば、そこに腐心をしていけばいいのではないかという私は信念を持っています。

そういう意味では12年間やらせていただく中で、私の中でも育ってきた報道ステーション魂というものを後任の方々に是非受け継いでいただいて、言うべきことはいう、多少厳しい発言でも
間違いは誤る。しかし激しい発言というものは、実は後年経って、あれがきっかけになっていい方向に向ったじゃないか、そういう事柄もあるはずだと信じています。

考えて見ればですね、テレビの地上波、地上波なんていちいち言わなくてもテレビの一人勝ちの時代がありました。その時流に、きら星のごとく、あの久米宏さんが素晴らしいニュースステーションというニュース書をまさに時流の一番やりを掲げてつっぱしりました。私はその後を受け継ぎました。テレビの地上波も段々厳しくなってきました。競争相手が多くなりました。でも、そういう中でもしんがりを務めさせていただいたかなというささやかな自負をもっております。

さあ、この後は通信と放送の融合の二人羽織。どうなっていくんでしょうか。厳しい中で、富川悠太アナウンサーが4月11日から引き継ぎます。大変だと思います。しかし彼には乱世への勇になって欲しいと思います。

彼は、12年間凄惨な殺人の現場に行き、おろおろしながらも冷静にリポートを入れてくれた。その足で今度は自然災害の現場に行き、住んでいる方に寄り添いながら一生懸命やさしいリポートを入れてくれました。私はこの12年の中で彼をすごいなと思うのは、一回限りも仕事上の愚痴を聞いたことがありません。驚きます。酒を飲んでいてもです。そういう人です。精神年齢は私よりもずっと高いと思っています。

ですからどうか、三ヶ月や半年あたりで良いだ悪いだの判断するのではなく、長い目で彼を中心と知った報道ステーションを見守っていただきたいと思います。わがままを言って辞める私に強い力はないかもしれませんが、是非お願いしたいと思います。

そして、富川君とは仲がいいと思っていますので、本当につらくなったら私に電話をしてきてください。相談に乗ります。ニュースキャスターというのは本当に孤独ですからね。

私は今こんな想いでおります。

「人の情けにつかまりながら、折れた情けの枝で死ぬ。」浪花節だよ人生は。の一説です。

死んでまた再生します。皆さんありがとうございました。(起立しおじぎのまま終了)

 

最後、鳥肌が立つような気持ちの強いメッセージでした。今後の報道ステーションにも期待したいと思います。富川アナのプレッシャーは半端ないと思いますが、応援したいと思います。

 - ニュース, 格言・偉大な言葉

  








  関連記事

【ミスターサンデー】水平開き方眼ノートの在庫の山とおじいちゃんを救った孫娘のツィート

3月13日(日)放送の「ミスターサンデー」。 ノートを開いて、ピタッと水平になっ …

【動画・全文おこし有】ホリエモンの近畿大学卒業式のスピーチが秀逸

つい先日、近畿大学の卒業式のスペシャルゲストとして、卒業生達にメッセージを送った …

日経MJ 2017年ヒット商品番付。アマゾンエフェクトの意味|WBS

12月5日(火)放送の「ワールドビジネスサテライト」 日経MJが選ぶ2017年ヒ …

流行語大賞2015は「北陸新幹線」と「五郎丸ポーズ」に本命予想!「集団的自衛権」が隠れ大賞?

11月10日(火)、年末の風物詩「2015ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネー …

【注意喚起】今秋関東で震度6の首都直下地震で危険性。村井東大名誉教授が警告(ミスターサンデー)

2016年3月6日(日)放送のミスターサンデーに東京大学名誉教授の村井教授が再び …

【速報】北朝鮮の特別重大放送内容は金正恩氏の活動報告録画放送

5月8日(日)の15時、北朝鮮が国営の朝鮮中央テレビを通して、「まもなく特別重大 …

【速報】ゆるキャラグランプリ2015!優勝は開催地浜松市の「出世大名家康くん」

地域を盛り上げる存在である「ゆるキャラ」達の夢の祭典「ゆるキャラグランプリ201 …

首都直下地震予測SP!東京大学村井教授とNTTドコモの提携理由を語る|ミスターサンデー

2015年9月6日にミスターサンデーに登場し、1~2ヶ月以内に関東で最大震度6程 …

日経MJが2016年上期ヒット商品番付発表!気になるランキング1位(東横綱)は?

6月7日(火)放送の「ワールドビジネスサテライト」 2016年上期は、「ゲスの極 …

【旭化成建材】横浜傾斜マンションくい打ち現場監督の41物件と全国3040物件の調査進捗発表!

10月中旬に横浜市都築区の大型マンション「パークシティーLaLa横浜」が傾く、と …