トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

【えごま油】オメガ3脂肪酸でざわちん肌年齢-10歳、体重-5kgと効果大|私の何がイケないの?

      2016/02/02


2月1日(月)放送の「私の何がイケないの?SP」には、モノマネメイクで一躍ブレイクしたざわちん(23歳)が登場した。

仕事とはいえ、日々の濃いメイクで、実はお肌がボロボロになってしまったというざわちん。

究極のヘルシー食材である「えごま油」を1ヶ月間スプーン1杯飲み続け、肌年齢マイナス10歳!!体重がマイナス5キロとなった効果が放送された。

油を飲むだけで、本当にそんなに効果があるのか?と思っていたが、放送のざわちんの肌や、腸のレントゲン写真を見てその効果の絶大さに驚いた。

スポンサーリンク




えごま油の正体と効能は?

そもそも、「えごま」を知らない人が多いかと思う。
「えごま」とは、一年草のシソ科植物であり、青シソ(大葉)と似た葉をもつ特徴的な植物であり、実は「ごま」とは全く異なる植物なのである。

その「えごま」から食用油の精製に日本で始めて成功した会社が、愛知県に本社を構える創業明治35年の老舗「太田油脂株式会社」だ。

写真は太田油脂が契約するえごま畑の様子
えごま畑(出典:太田油脂株式会社ホームページより)

そして、「えごま油」の一番の効能は、えごま油に含まれる「オメガ3脂肪酸」により、
「血液をサラサラに、きれいにするデトックス効果がある」ことである。

血液がサラサラになることで、末端冷え性などの症状が緩和され、さらには、基礎代謝のアップにもつながるのだ。基礎代謝がアップすることで、普通に同じ生活をしていても、徐々に健康的にダイエット効果が期待できる、というわけなのだ。

「えごま油を飲んで痩せる」、というよりは、「痩せやすい身体を作る」ということなのだ。

また、摂取する量は1日4g程度で良いといわれている。
そのため、小さじ1杯分をそのまま摂取したり、ヨーグルトにかけて食べるなどすればOKという、非常に手軽な事も人気の理由だ。

太田油脂のえごま油は、Amazon/楽天ともにベストセラーとしてランキング堂々1位の商品だ。

 

 - 健康

  








  関連記事

【世界一受けたい授業】入浴前に緑茶を飲んで美肌作り。長風呂で肌はカサカサに?

11月12日放送の「世界一受けたい授業」 肌寒くなり、あったかいお風呂が心地よい …

【世界一受けたい授業】依存症の見分け方。マスク依存症?

11月19日放送の「世界一受けたい授業」 「とっても怖い依存症」と題して、早期発 …

【世界一受けたい授業】チーズダイエット?春巻きやチーズリゾットレシピも紹介

3月4日(土)放送の世界一受けたい授業。 東北大学の齋藤忠夫教授がチーズの持つ素 …

【世界一受けたい授業】こそトレで足の血流を改善。座りすぎの日本人

8月5日放送の「世界一受けたい授業」 日本人は世界一長い時間座っている人種である …

【世界一受けたい授業】花粉症対策「甘酒+レンコン」「鼻づまり解消法」「マスク」を紹介

1月28日放送の世界一受けたい授業 今から始める花粉症対策2017と題して、これ …

【サタプラ】県別健康寿命ランキング。1位の山梨県の健康食材は「マグロ」

3月4日(土)放送のサタデープラス 全国健康寿命ピンキリランキングが発表されまし …

食後のゴロ寝ダイエット方法は肝臓の活性化がキーワード。人類進化ベッドも紹介|林先生の初耳学

7月31日放送の「林先生の初耳学」 チンパンジーの習性をヒントに京都大学が開発し …

羽生選手の尿膜管遺残症体験記

2014年ソチオリンピックのアイススケート男子シングル、金メダリストの羽生 結弦 …

【ゲンキの時間】ワインは身体の万能薬。フレンチパラドックスと高山村まで

11月20日放送の「健康カプセル。元気の時間」。ゲストに押切もえさんを招いてワイ …

紫外線の多い季節と時間帯、紫外線の種類について。ゲンキの時間

夏が近づき肌の露出が増えてくるこの季節、美意識の高い女性達が特に意識する紫外線対 …