トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

おいしい甘エビは5歳のエビ、その見分け方。林先生の初耳学

      2015/05/05


東京大学文科一類卒業、東進ハイスクール予備校の現代文の講師でもある林先生。「今でしょ」のCMでその存在がメジャーとなり、今ではすっかり知識人タレントとして、多くのクイズ番組に出演したり、教育系の番組のMCとしても大活躍をされている。テレビ局的にも、池上あきら氏と並び、ロケ不要のスタジオ撮影という低予算で、かつ、高視聴率が取れる、重宝する素晴らしいタレントさんでもある。

そんな林先生の知識力を試しながら、世間の人が気になっていることや、知らなかったことを一緒に学ぶ「初耳学」という、TBSの放送内容に学びが多かったので、記事にしてみた。

今回の放送内容については、以下参照されたい。

・(一番だしと二番だしの違いは?)はこちら

・(スマホ水没時の復活方法)はこちら

・(相撲の立会いは何で長いの?)はこちら

・(日本にたった一台の黄色い消防車と119番の理由)はこちら

 

スポンサーリンク




おいしい甘エビが5歳であるその理由

日本人が大好きなエビ。1人あたりの消費量は世界No1であり、年間約3kg、エビフライで70本分のエビを我々日本人は食べている。

甘エビ(ホッコクアカエビ)について、1番おいしいのは5歳のときと、東京海洋大学 名誉博士のさかなくんよりプレゼン。その理由について、林先生は見事に回答したため、初耳学にはならず。

甘エビは、小さいときは全部オスだというのだ。雄性先熟(ユウセイセンジュク)といい、5歳からメスに変わり始める。オスは4歳以下→間性(かんせい)というおかまちゃんな時期を経て→5歳以上でメスとなり、産卵をする。産卵をしてしまうと、栄養を卵に持っていかれるため、メスになる前の、「間性」の時期が一番おいしいというのだ。

 

間性のエビを見分ける方法は?

さて、その見分け方だが、甘エビの足先が、2つに分かれている(豚足みたいにヒレが2つに別れている)のがオス、1本になっているのがメスだ。足先についても、その中間の状態が間性のエビであるとのことだが、正直素人には見分けは困難な印象だ。

5月の今の時期、市場には間性のエビは出回っていない。5月後半からオスが間性になり始め、市場に出始めるため、「小小(しょうしょう)サイズください」、といえば、旬を迎える9月頃には、2割程度が間性の美味しいエビとして出回っているため、おいしい甘エビが食べれるようだ。

だいぶ、マニアックな情報なので、あまり意識する必要も無いかもしれないので、あくまで雑学の範囲内かなと。

 - お得情報・雑学

  








  関連記事

【スマステ】流行キーワード2016。スカンツ・オイルおにぎり・顔交換・ぎゅうぎゅう焼き・ネイルプリ

5月28日(土)放送の「スマステーション」。 ゲストに稲垣五郎さんを招いて、香取 …

【世界一受けたい授業】入浴前に緑茶を飲んで美肌作り。長風呂で肌はカサカサに?

11月12日放送の「世界一受けたい授業」 肌寒くなり、あったかいお風呂が心地よい …

【世界一受けたい授業】かいけつゾロリ登場絵本で能力アップ。絵本の読み方選び方

11月19日放送の「世界一受けたい授業」 先生は番組お馴染みの加藤映子先生。ハー …

【ZIP】プロが自宅で使うドライヤーNobby・ブレッドナイフ・コーヒーメーカーを紹介

1月9日放送の「ZIP」 プロが自宅で使う日常品として、人気コーナーのBoome …

新入社員の給料一覧 Googleは1800万。雇用の変化に気づかないとやばい!

4月になり、新入社員がやってきた職場も多いのではないだろうか。 あいにく私のチー …

【マツコの知らない世界】ほぐし家電の世界。目元ケア・マッサージャー・セレブリフト・おしりリフレ

6月7日(火)放送の「マツコの知らない世界」 これまで300種類以上の癒し家電を …

歯磨き正しい仕方。歯磨き粉の量や口のゆすぎ方まで(ソレダメ調べ)

テレビ東京の「今すぐ役立つ新常識スペシャル、ソレダメ!」という番組で、普段正しい …

【スマステ】外国人が集まる人気スポット。HARRY、オニツカタイガー、サムライ剣舞シアター、おりがみ会館

5月21日放送の「スマステーション」。 ゲストにキャリーパミュパミュさんを招いて …

「週休2日」は週に2回休みがあるという訳ではない事実(くりぃむしちゅーのハナタカ)

本日10月4日放送の「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! …

【世界一受けたい授業】花粉筋膜ヨガ体操で鼻づまり解消&シソディップレシピ

3月17日(土)放送の世界一受けたい授業。 スギ花粉が多いこの季節(今年の飛散量 …