トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

【沸騰ワード10おせち特集】北海道礼文島「海鮮おせちさくらそう」・京菜味「花籠」・ぶどうの木「蒸のおせち」

      2015/12/24


いよいよ2015年も残りあとわずか。

この時期になると気になるのが、年末・年始の過ごし方。

実家でのんびり紅白を見て、年越しそばを食べて、親戚にお年玉を配って(もらって)・・・という方も多いのではないだろうか?

そんな正月に「彩り」を添えるのが、日本の文化である「おせち料理」。

子供の頃は何が美味しいのか分からなかったが、年を重ねるごとに、その良さを感じるようになった。

12月18日放送の「沸騰ワード10」では「まだ間に合う!取り寄せ人気おせち料理」が特集された。ご参考にして欲しい。

スポンサーリンク




北海道礼文島の海鮮おせち「さくらそう」

放送で取り上げられるおせち料理の中でも、通販でダントツの人気を誇っているのが、日本最北端の島である礼文島(れぶんとう)の海鮮おせちであろう。いかにも美味しいであろう海鮮おせちが提供されている。

 

こちらの豪華絢爛な見た目がまさに、正月の食卓に彩を添えること間違いなしだ。

さくらそう

(出典:楽天通販サイトより)

「かに」はもちろんのこと、利尻昆布の「サーモン昆布巻き」など人気商品である。

12月18日時点で、すでに7種類のうち5種類のおせち料理が完売となっているが、人気No1の「さくらそう」は商品数を多く準備されているのか、まだ予約可能だ。

お値段は32,400円(税込み)と高めの設定だが、番組放送により売り切れ必至であるため、まだ決めていない人は急いだ方が良いかもしれない。サイト上に500円オフのクーポンチケットもあるため、要チェックだ。

 

京菜味のむら「花籠」

古都京都ならではのこだわりのおせちを展開する京菜味のむら。メディアでも多数取り上げられている。

1人前のおせち料理が人気メニューとなっており、実家に帰らず一人で過ごす方、夫婦で正月気分を味わうためにおせちをつまむ程度に食べたい方におススメである。

 

2段の二人向けも用意されているが、こちらもサイト上、売り切れが増えてきているようなので要注意で。

 

ぶどうの木「蒸(じょう)のおせち」

金沢発でイタリアンカフェを展開するぶどうの木が展開するおせちは、「あたたかいおせち」として話題になっている。

檜(ひのき)のせいろに入った豪華な高級食材を、実際に蒸して食す新しいタイプのおせち料理である。

蒸のおせち

(出典:ぶどうの木公式サイトより)

39,960円(税込み)と高額ではあるが、人気商品となっている。プチ贅沢を味わえるお正月になるだろう。申し込みは公式サイトより。

豪華おせちで素敵なお正月を過ごしましょう。

 - グルメ

  








  関連記事

【ジョブチューン】高級イチゴ「美人姫」「咲姫」「白イチゴ天使の実」の通販

1月28日放送のジョブチューン この冬食べたいイチゴが紹介され、メジャーリーガー …

【シューイチ】かまどさん伊賀焼土鍋で美味しく米・燻製・蒸し野菜

6月4日(日)放送のシューイチ。 奈良時代から続く三重県伊賀市で作られている伊賀 …

【世界一受けたい授業】そばパスタと豆腐スムージーのダイエットレシピ

11月18日放送の「世界一受けたい授業」 ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コ …

世界一の日本酒 福岡「喜多屋」の大吟醸(ノリさん・フミヤ・ヒロミのキャンピングカー合宿)

6月14日に放送された、ノリさん、ヒロミ、フミヤ三人の30年来の大親友3名が、キ …

【得する人損する人】シリコンスチーマーで10分簡単フォンダンショコラの作り方

2月11日(木)放送の「あのニュースで得する人損する人」。 高級店のフォンダンシ …

【世界一受けたい授業】乳酸キャベツの作り方。5分で朝食準備。

4月1日放送の世界一受けたい授業3時間スペシャル。 新年度の4月1日らしく気持ち …

【ゲンキの時間】ワインは身体の万能薬。フレンチパラドックスと高山村まで

11月20日放送の「健康カプセル。元気の時間」。ゲストに押切もえさんを招いてワイ …

世界一おいしいルショコラドゥアッシュ山椒入りチョコレート。林先生の初耳学

東京大学文科一類卒業、東進ハイスクール予備校の現代文の講師でもある林先生。今では …

【マツコの知らない世界】銅製卵焼き器(中村銅器製作所)の料金・通販

10月17日(火)放送のマツコの知らない世界。 「一生使える日用品の世界」と題し …

餃子は縁起を担いで食べる物だった!?お金と子宝。林先生の初耳学

東京大学文科一類卒業、東進ハイスクール予備校の現代文の講師でもある林先生。「今で …