トレンドニュース365

テレビネタや芸能ニュース、スポーツ、雑学など最新の情報をお届け

【映画】ドラゴンボールZ 復活のF 入場特典付録と鑑賞レポート

      2015/09/10


本日4月19日公開のドラゴンボールの新作映画を見てきたので、内容と感想をレポートしたい。

初日ということもあってか、映画館全体が混んでいて、夕方のチケットは完売だった。

Dragonballkanbai

そのため、一度家に戻り、レイトショーなら子供達がいなくて空いているだろう!、と24時のレイトショーを選んで23時半に再度近所の映画館へ。

無事チケットを購入できた。

スポンサーリンク




入場特典のご紹介

入場すると、入場特典の付録をもらった。こんな感じ。豪華!!

tokuten

上は、ももくろが今回の主題歌を歌っているため、ももくろとドラゴンボールのコラボ葉書。

紫の袋には今回の映画のストーリー原作の冊子が納められていた。こちらは、ネタバレとなるので、自宅に帰ってから見たほうがよいだろう。80ページ程度ある、限定の単行本のような感じだ。

tokuten2

そして、もう一つが熱い!悟空かベジータのバトルカード。両方とも大当たりではないか。

できれば悟空が良いなと思って、自宅に帰ってあけてみた。やった!!

昔カードダスをお年玉を使い切るまで買っていた日々を思い出した。

tokuten3

今回の映画には先着150万名様へ入場特典が付録として用意されている様子。まだ大丈夫だと思うが、欲しい人は早めに映画を鑑賞されることをおススメする。

レイトショーであったため少年達がおらず、席にもちろん座れた。

ただ、10代後半~30代後半くらいまでの男達が集まっており、席は8割方埋まっていた。私は両隣に人がいるのが嫌なので、最前列のど真ん中を陣取って視聴開始。

ドラゴンボールは我々世代には神マンガでありバイブルなのでこのくらいの人気ぶりは当然か。さすがに、胴衣を着ている人はいなかったので、目立ちたければ着ていっても良いだろう。

以下、ネタバレなのでコレから映画を見る人は飛ばしてください。

【ストーリー】

ドラゴンボールによりフリーザが復活。そして、悟空への復習のために、修行を積んで地球に大幅にパワーアップしてやってくる。

しかし、悟空とベジータは、破壊神ビルスのいる惑星で、修行を積んでおり当然超強力になっている。

そして、フリーザと悟空の戦いが始まるが、悟空が圧倒するとフリーザが真っ白の最終体型から、ゴールドの進化体型へ。ゴールデンフリーザの誕生だ。

悟空もスーパーサイヤジンGODを超えるパワーアップを遂げていたが、ゴールデンフリーザの前に少し押されぎみに。しかし、ゴールデンフリーザは4ヶ月程度の短期間の修行で辿り着いた形態。まだその身体に慣れていないフリーザは激しく体力を消耗し、一転、悟空が再度有利な展開に

ただし、油断した悟空はなんと、フリーザを復活させたザコキャラのソルベのレーザービームで心臓を貫かれ、瀕死の重傷を負う。そこで、ベジータとチェンジし、ベジータはナメック星においてプライドをズタズタにされたうえにやられてしまったフリーザを、これでもか、といわんばかりに圧倒。

そして、フリーザを倒そうとした時、フリーザは最悪なことに、地球ごと破壊してしまう

すると、その時、地球に来ていた破壊神ビルスとその付き人で実は師でもあるウィスが時間を少し前に戻し、地球を破壊する前のフリーザを悟空がかめはめはで倒す、といったシナリオであった。

感想

全体を通して、満足のいく内容で楽しかった。さすがドラゴンボール、いつ見ても衰えないし面白いといった感じ。

ただ何点か、気に入らないところや、つじつまが合わないような箇所もあり、少し気になった。

例えば、

・いつもの事だが、悟飯が平和ボケして超弱くなってる。第一形態のフリーザ(白いフリーザの前のしわしわのやつ)に一瞬でやられ心臓が止まるが、せんずで復活。ブウの戦いで大界王神に潜在能力をフルオープンにしてもらったにもかかわらずこの体たらくには、涙が出てくる

・悟天やトランクスが出てこなかった点。フリーザを倒したのはナメック星ではスーパーサイヤジンの悟空、復習で日本にやってきたフリーザを一瞬で一刀両断したのはスーパーサイヤジンのトランクス。トランクスは出てきても良かったような気もするな。

・フリーザがちょっと修行すれば、戦闘能力130万位にはなるといっていたが、元々ナメック星時代で53万くらいではなかったかな。その後、セル⇒ブウ⇒破壊神ビルスとの戦いを経た悟空なら、中指一本くらいで倒せそうな気がするのだが。。。

・そしてなにより、雑魚キャラのソルベのレーザービームで悟空が瀕死の重傷を負う点は意味不明。ただ、そのおかげでベジータの活躍の場が出来、フリーザを圧倒したベジータには、なんとなく涙が出てきそうなくらい嬉しく感じた。

・フリーザが破壊神ビルスが出てきた時にだいぶビビッていたこと。結局ビルスが一番強いのね(実は、付き人のウィスが一番強いのね)

・ブルマが若返ってたw まあいいか。

・亀仙人が戦力になっていた。コレは何か嬉しい。

といった具合だ。

トータルすれば、それらも含めて見ごたえがあり、良い映画であったと思う。やっぱりいくつになってもドラゴンボールが好きだな。そして、いつか、舞空術が出来るようになって空を飛べる日がくると、心のどこかで願っている。

鳥山明さん、ありがとう。

 - 映画

  








  関連記事

宇多田の元夫 映画監督 紀里谷(キリヤ)の「ラスト・ナイツ」(しくじり先生)

本日8/3(月)放送のしくじり先生には、プロゴルファーのマルちゃんこと「丸山茂樹 …

【映画プリキュアオールスターズ】感想と入場特典。子供と映画館へ行った体験記

魔法使いプリキュアシリーズが放送されているこの春。 映画館に足を運べば、歴代のプ …

最新ミッションインポッシブル ローグ・ネイションの感想と口コミ☆5つ

本日8/8(土)全国の映画館で、ミッションインポッシブルシリーズ最新作となる「ロ …

ミッションインポッシブル最新作の美女2人:ハーミオーネ・コーフィールドと張静初

8/8(土)に全国で公開された「ミッションインポッシブル ローグ・ネイション」。 …

【ジョジョの奇妙な冒険】映画実写化で主演の山崎賢人を抑え北村一輝がトレンド入り

5月29日(日)、30代~40代男性が小中高生の頃に読み漁ったであろう、週間少年 …